モテちゃん

モテるためにはどうするか、実際に女子から意見を集めます。

XIM APEXの詳細 - 性能・価格・発売日はいつ?

f:id:noboreni:20180130162215j:plain
(2018/2/10 更新)

PS4やxboxなどの、いわゆるコンシューマー機でマウスやキーボードを使うために必要なのが、『コンバーター』というアイテムです。

その『コンバーター』の中でも長らく1番の評判だったのが、「XIM4」です。
「XIM4」は2017年末に生産中止となりましたが、その代わりに後継機である「XIM APEX」が開発されています。

画像や情報のソースは、公式の開発者情報を主としていますが、そのほかの場合はその都度明記していきます。
XIM APEX 公式フォーラム
XIM APEX 公式フォーラム内 開発者ブログ


最新情報
2018/2/7
・現在、梱包待ちとのこと。
・開発者の元に、梱包までされた完成品が今週(2/5~の週)に到着するそうです。
発売までもうすぐですね。

2018/2/8
・開発者に梱包済みの商品1号が届きました!
発売は、2018年3月末までのどこかになります。
・価格が発表されました。
99.99$
日本価格はもう少し上がるでしょうが、単純計算だと1万円強です。
かなり頑張った価格ですよね。

2018/2/10
・現在製品の梱包待ちですが、開発者が業者から、「2月末までには梱包終わると思う」と言われたそうです。
発売は早くても2月末みたいですね。


XIM APEXの詳細情報

機種名:XIM APEX
発売予定時期:2018年1月~3月

「2月の発売を検討している」という発言が、非公式ではありますが、フォーラムにて1月12日にされています。
また、公式販売ページにて、すでにwaiting listへの登録も可能。
発売はもうすぐみたいですね。

1/30追記
公式フォーラムにて、1/29に開発者が
「もうパッケージされるのを待つだけだよ、言葉通り箱にいれるだけで、他の作業は全部完了しているよ!」
と発言しています。
2月中には発売されそうですね。


公式発表の性能ざっくり翻訳

機種名 XIM APEX XIM4
遅延 1,2,4,8ms ※18ms
対応機種 X1, PS4, X360, PS3X1, PS4, X360, PS3
設定用プラットフォーム Android, iOS,PC(有線)Android, iOS, PC
Bluetooth規格 Bluetooth Low EnergyBluetooth Classic
接続可能コントローラー方式 有線・無線有線のみ
有線USBオーディオ X1, PS4 (DS4 slim), X360X1, X360
ジョイスティックのサポート Full support, custom axis bindableLimited support, fixed axis bindings
設定保存可能数 2424
設定方法 簡単モード・エキスパートモードエキスパートモードのみ
バリスティックカーブ(マウス加速) 51 by 10000 steps21 by 200 steps
対応言語 EN, DE, ES, FR, JA(日本語対応), KO, ZH英語のみ
構成 子機・親機方式ひとまとめ方式
価格 99.99USD(日本価格は不明)$125

※1 接続する機種によって遅延が異なるとの情報です(大本のソース未確認)


XIM APEXの全体像

XIM APEXは、親機-子機のような構成になっています。
f:id:noboreni:20180129161105j:plain

実際につなぐと、こんな感じになるようです。
かなりコンパクトですね。

f:id:noboreni:20180129160620p:plain
実際に繋いでいる画像のソース:XIM APEX Quick Start Guide - YouTube



XIM APEXを使用したゲームプレイ動画

Youtubeでは、テスターによるXIM APEXのゲームプレイ動画がアップロードされ始めています。
見ている分には、かなり具合がよさそうですね。
コントローラーではできない速度での振り向きエイムはやっぱり強力であることがわかります。

色々ゲーム切りはり
www.youtube.com


codww2
www.youtube.com


XIM APEX VS XIM4

結論から言うと、XIM APEXを待ちましょう。

理由は以下の通りです。

  • XIM4の生産中止で、XIM4が高騰している

2018/2/8現在、XIM4の価格がXIM APEXの予定価格の3倍以上!なんてことになっています。

  • XIM APEXの発売がもうすぐっぽい

2018年3月末までの発売が濃厚です。

  • XIM APEXの方が(表記上の)性能が良く使いやすい


気になるポイント:遅延の減少効果は実感できるの?

XIM4からXIM APEXへの代表的な改善点として、遅延の減少が挙げられます。


機種名 XIM APEX XIM4
遅延 1,2,4,8ms ※18ms


この遅延減少の違いについて、テスターからの感想が集まっていますので翻訳します。

動画にして遅延減少の違いを表すことは難しいけど、自分の動きにより反応してくれるようになっているよ。

xim4の遅延8msとAPEXの1msの違いは、オーバーウォッチみたいな元々のラグが大きいゲームでさえも実感できるよ。

好意的な意見が並んではいますが、
「7msのラグを気にする前に、テレビによっては数十msのラグが発生しているから、そっちが問題」
という声もありました。

ただ、アルファテスターの多くは遅延の減少を実感できたと言っていますので、期待が持てそうですね。


XIM APEXのここを知りたい!

コントローラーのボイチャはSLIM/PRO以降のコントローラーのみ対応

SLIM/PRO以前の古いコントローラーの場合、XIM APEX接続時にボイスチャットが使えなくなるそうです。
旧機体を持っている人は注意です。


USBヘッドセットをXIM APEXに挿すことはできない

XIM APEXはUSBヘッドセットをサポートしていません。
コントローラーに接続されるヘッドセットのみに対応してくれます。

もしUSBヘッドセットを使用している場合は、PS4本体に接続する必要があるみたいです。