モテちゃん

モテるためにはどうするか、実際に女子から意見を集めます。

脱オタして垢抜けろ!初めての美容室のすヽめ【美容師に聞いた】

こんにちは。
大学入学時、

「なんか鶴瓶に似てるから無理」

という理由でサークルから門前払いを食らいました、ちゃんてぃです。



みなさんは、 美容室 と聞いてどんな風に感じられますか?


「美容室ってなんか怖い」

「俺なんかが行ったらダメな場所だよ!」

「切り抜きとか持ってくんでしょ?恥ずかしい!」


美容室はやっぱりカッコよくしてくれると言うけど、怖い!なんか怖い!
きっと石とか投げられる!!

でも少しでもカッコよくなりたい!!

はたして、ぼくのようなブサイク&オタクが行ってもいいのでしょうか?



そこで、実際の美容室さんに美容室に関する疑問を聞いてみました。



ご協力いただいたのは、原宿や表参道駅近くにあります、RODGE HAIR SALON様です。
f:id:noboreni:20170709103101j:plain

美容室の中でもレベルがバリ高いところにご協力いただくことができました。
原宿の美容室がOKといえば、だいたいの美容室はOKと言えるでしょう。

そもそも美容室って?

髪を切るお店は、主に2つに分類されます。
理容室と美容室です。

顔剃までやってくれるのが理容室で、いわゆる床屋です。
あの3色のクルクルが回っているところです。
理容室、理容院、床屋、散髪屋等様々な呼び方がありますが、違いはありません。

逆に基本的に顔剃まで行わないのが美容室です。
他に、美容院とも呼ばれますが、こちらも同じです。

法律を見ると目的の違いを理解することができます。

理容
頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること(理容師法第1条の2第2項)
美容
パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること(美容師法第2条第2項)
(wikipedia 理美容師)

今日では美容室のような雰囲気のオシャレ床屋も出現しており、垣根はなくなって来ています。
が、今風のカットに強いお店の割合が多いのは断然美容室と言えます。
そもそもの成り立ちが「美しくすること」ですからね。

もし、あなたが

「脱オタしたい」

と思っていて、オシャレに髪を切ってくれる場所を知らないとしたら、美容室に行きましょう。


美容師に教えてもらった「美容室は怖くない!」

f:id:noboreni:20170709184151j:plain

本日は、渋谷と原宿のちょうど間あたりにあります、RODGE Hair Salonの丸尾さんにお話を伺います。
お忙しいところ申し訳ございません。どうぞ宜しくお願いします!

こちらこそ、どうぞ宜しくお願いします!

丸尾さんは美容室をどのくらいされているのですか?

かれこれもう15年になります。
たくさんの方の髪に触らせていただいてきました。
代表となった今でも現役ですので、何でもお聞きください。

だ、代表をされていらっしゃるんですね。
(えらいひとだった)


ブサイクな僕が行っても大丈夫なのか

f:id:noboreni:20170709185431j:plain

まず、ぼくは自他ともに認めるブサイクなのですが・・・
そんな奴が表参道の美容室に行ったら石投げられそうで怖いんです。

全く問題ありません。
容姿でお客様を差別するような事は一切ございませんのでご安心ください。

実際に言ってもらえると行きやすいですね。
でも、それでも周りがイケメンのオシャレさんばかりだとやっぱり怖いです。
空いている時間帯とかありますか?


比較的平日の昼過ぎが空いてるので、どうしても人目が気になる方にはオススメです。
また、日曜は男性のお客様が多くご来店されていますよ。

  • 東京オシャレスポットのガチ美容室でも、ブサメンWelcome!
  • 周りの目が気になるなら平日の昼過ぎにしよう!


どんな髪型にしたらいいのかもわからない

f:id:noboreni:20170709185846j:plain

正直カッコよくなりたいのですが、でもどうしていいかもわからないんです。

本当は松潤になりたいけど、同じ髪型にしても顔が鶴瓶だと絶対に似合いませんよね・・・
自分に似合う髪型なんてあるんでしょうか。

やりたい髪型が決まっていなくても全く問題ありませんよ。
カウンセリングのお時間を大事にしていますので、お好みや骨格、髪質、ファッション、ライフスタイルなどを踏まえて似合う髪型をご提案もさせていただきますし、
一緒に相談しながら決めていければと思います。

とっても心強い!
ちなみに、その時なんて言ったらいいんですかね?


「どうしたらいいかわからないので、イケメンにして下さい!」
と注文していただければ誠心誠意御対応させていただきます。笑

ストレート!
要するに正直に言ってしまえば問題ないということですね。

  • 髪型も相談して決められる!
  • 正直に「今風にしたいけどどうしていいかわからない」と言えばOK


髪型の理想はあるけど出すのが恥ずかしい

逆に、なりたい髪型がある時あるじゃないですか。
例えば松潤になりたいとして、松潤の写真出すとかちょっと辛いなぁと・・・。
内心バカにされるんじゃないかと思っちゃいます。

全く思いませんよ。
その方の個性を活かしながら、少しでも雰囲気を近づけるよう持てる技術を全て駆使します。

マジですか!
松潤!!!松潤でお願いします!!!
それが無理ならタッキーで!!

  • なりたい髪型があるなら素直に写真を出そう!
  • 多少理想と離れていても、相談や技術でなんとかしようと頑張ってくれる


セットの仕方まで教えてもらえる?

f:id:noboreni:20170709185715j:plain

セットの仕方もわからないんですよね。
ワックスとかアイロンとかマジ無理!みたいな・・・
何か良い動画とか本とかありますか?

ヘアースタイルや髪質によってスタイリングの仕方は変わりますからね。
美容室ではその方に合ったスタイリングもお伝えすることができますよ。


その日に施術して完成したスタイルには
・「スタイリング剤は何を使ったらいいか」
・「濡らしたほうがいいのか」
・「髪質や生えグセの対処」
場合によっては
・「ご自宅で楽に再現性を高める為にパーマのご提案」
もします。
お客様に合ったセットの仕方を、納得して安心していただけるまで分かりやすく説明致しますよ。
又、次回どれくらいの期間でメンテナンスに来た方が良いかもお伝えします。

すごいですね。
これなら翌日からも安心です!

  • 美容院ならセットの仕方まで教えてもらえる!
  • 「教えて欲しい」ことをしっかり伝えよう!


コミュ障だから会話がこわい!

f:id:noboreni:20170630112321j:plain

大変失礼ですが、美容室ってイケメンの明るいお兄さんに話しかけられることになりますよね?
正直会話を持たせる自信がありません・・・

当店では初めにカルテのご記入をしていただくので、ご要望欄に"話すのが苦手”とご記入いただければ適度な距離感で接客させていただきます。
髪についてはしっかりお話させていただきますが、話すのが苦手なお客様もたくさんいらっしゃいますので、「YES/NOで応えられる髪についての簡単な質問」にすることに加え、無理にプライベートな事を聞くこともありません。
美容室での会話が苦手・人見知りのお客様からも居心地が良いとのお声も沢山頂いておりますので、ご安心ください。

なるほど。先に伝えておけば安心ですね。
だいたいの美容室ではカルテの記入がありますから、その時に最悪欄外にでも書いておけばいいわけですね。

  • 会話したくなければ、カルテに「話すのが苦手」と書いておく


美容室の価格はいくら?

あと重要なのがお値段ですよね!
だいたいいくらくらい必要なのでしょうか。

うちですと、ホットペッパービューティー
の初回クーポンを使った場合、
・カット¥5,000
・カットカラー¥9,800
・カットパーマ¥9,800
・カットカラーパーマ¥16,300
・その他カット+デザインカラー(ブリーチなどのダブルカラー)¥12,800〜   
加えて、スタイリストによって指名料がありますので、注意してください!(¥1,080〜1,500)

f:id:noboreni:20170709120736p:plain

なるほど。
近くの床屋よりもやっぱり高いですが、今日教えていただいた内容を考えると大いにアリだと思います。
ちなみに、この価格はホットペッパービューティーのクーポンを使っての初回限定価格みたいなので、注意しましょう。

一概に美容室と言っても価格は様々です。
予算と相談して決めましょう。


年齢について、40のオッサンが行ってもいいのか

オシャレな美容室って何歳まで行っても大丈夫なんでしょう。
例えば僕が40代だったら、表参道の美容室とか行きづらいと感じると思います。

いえいえん、そんなことありませんよ。
40代男性のお客様にも沢山ご来店いただいております。
確かに、主な男性のお客様の年齢層は20−30代がメインですが、50代のお客様にもいらっしゃっていただいております。
なので40代のお客様でも全く問題ございません。
店内の内装もナチュラルな大人西海岸をテーマにしておりますので、男性のお客様からもご好評いただいております。

原宿の美容室でも50代男性がいたりするんですね。
美容室、意外と敷居が低いように感じてきました。


予約電話が嫌いです。予約しないでもいいですか?

f:id:noboreni:20170709190351j:plain

あと、面倒なのが予約ですね。
ぼく、電話が怖いんですよ。
フラッと行けたら最高なのですが・・・

ご予約のお客様優先になりますので、事前のご予約はお願いしたいです。
電話で話すのが億劫な方はホットペッパーのネット予約
をご利用いただければ負担がないと思います。

なるほど。ネット予約がある今の時代は楽チンですね。
色々聞いて、これなら原宿の美容室も怖くない!と思えるようになってきました。
本当にありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。
変に気張らずに普段通りで来てくださいね!


美容室の選び方について

正直、今日ではホットペッパービューティーがありますので、それで予約するのが一番便利です。
場所、料金、スタイリスト、クーポン、そして口コミまで載っていますからね。

しかし、その上で気をつけるべきことがいくつかあります。


男性が行って良いところを判別しよう

美容室の中には、「女性専用」のところが結構あります。
行ってみたら
「うち、女性限定なんです・・・」プークスクス
って最悪ですよね。


全力回避しましょう。


主な方法は2つあります。

  • 電話で聞く
  • ホットペッパーで見る


電話の場合は、声でこちらが男性だとわかりますし、「男性OK」かどうか聞けば、もちろん教えてくれます。

ホットペッパーの場合は、そもそもメンズ用の検索が可能です。
その上「メンズにもおすすめ」タグが存在します。
f:id:noboreni:20170709122343p:plain

わかりやすい!


できれば美容室が多い場所で探そう

同じ金額を払うのであれば、できるだけ腕の良い美容室に行きたいですよね。

一般的に、競争が激しい地域の方が質の高い美容室が多いと言えます。
淘汰が激しいですからね。

もしあてが全くないのであれば、「地元に1件しかない美容室」に行くのではなく、
「オシャレな洋服屋があるような街にある美容室」を探しましょう。

ちょっと敷居が高くなるような錯覚がありますが、
今回「ブサイクな僕も Welcome」と話してくれた美容室は原宿にあります。
だから大丈夫です。

(一般論ですので、「地元に一件の美容室」が最高の場合もあると思います。傾向がある、ということです。)


2回目以降の金額を考えておこう

ホットペッパーのクーポンでは「初回限定」と「全員が利用できるもの」が存在します。
f:id:noboreni:20170709191032p:plain

そして、「初回限定クーポン」は2回目以降よりも安くなっている場合が殆どです。

ですので、そのサロンに続けて通う場合、2回目以降はより高い金額を払うことになります。
ほぼ毎月の固定支出となりますので、痛いですよね。

そこで、2回目以降いくらかかるのかもしっかり確認しておきましょう。


ちなみに、「初回クーポンでお得にまわるために毎回違う美容室に行く」ということも可能です。
髪のクセや好みを把握してもらう手間は毎回かかりますが、確実に安くなります。
美容室泣かせな方法ですが、私の知り合いはそれで回っていました。



おわりに

いかがだったでしょうか。
現役の美容師の方に「誰でも来やがれ!」と言っていただいて、大変心強いなぁと思いました。
まさか激戦区、原宿の美容室に協力いただけるとは思っていなかったので、私も大変勉強になりました。


美容室は怖くない!




今回は、原宿にあるRODGE HAIR SALONの丸尾侑生 代表にご協力いただきました。
急なご連絡に対応していただき、本当にありがとうございました。


どうしても不安な方は、RODGE HAIR SALONに行きましょう。確実です。

オシャレなのに敷居が低い!RODGE HAIR SALON様の紹介

f:id:noboreni:20170709155508j:plain
RODGE HAIR SALON
今回ご協力いただいたRODGE HAIR SALON様のご紹介です。

f:id:noboreni:20170709103101j:plain

原宿と渋谷の間というオシャレな立地にある美容室です。
ヘアサロン激戦区で勝ち抜いている技術があることは間違い無いでしょう!
ホットペッパービューティーの口コミも星5が並びます。

そして何より、「誰でもおいで」という懐の深さ。

しかし、このサロンしっかりオシャレなサロンです。
口コミ投稿者も20代女性が大半を占めています。

行くときは、気合い入れた服装で行きましょう!笑

RODGE HAIR SALONへのネット予約はホットペッパービューティーから可能です。



急なお願いに丁寧に答えてくださり、本当にありがとうございました。