秋のおすすめコーデ|30代男性のファッションを本気で調査した【2020ver】

アンケート調査から分かった、30代におすすめの秋のコーディネートとファッションのポイントを紹介します。

アンケートは20代を中心にした200名の女性に対し、有償にて行いました。

簡単な結果共有

アンケートに使用した20コーデ

「○○歳の男性が着たら、特に好感度が高い秋コーデはどれですか?全て教えてください」というアンケートを女性200名に対して行いました。
“○○歳”の部分については、”高校3年生”・”大学3年生”・”25歳”・”35歳”それぞれの条件でアンケート調査を行っています。

コーデについて、キレイ王道系のコーデのオンラインショップ、Dcollection様から画像をお借りして、調査を行いました。

特に好感度が高かったTOP3

35歳といえばしっかりとした大人なので、コーデの方もそれなりの大人感が求められます。
今回のランキングでも一番優秀だったのですが、ジャケットとか大人っぽいアイテムをシンプルに合わせた秋コーデが抜群です。
ベタなコーデにはなりますが、やっぱり優秀。女性側はそんなスペシャルなIKKOさんみたいなコーデ求めていません。どんだけー。
30代なら私服用にもジャケットを持っておいて損はありませんよ。

調査からわかったポイント

POINT1.大人っぽいコーデを心がける

女性好感度を考えると、大人っぽいコーデが必須です。
上画像のコーデでは、パーカーがかなりカジュアルなアイテムなのですが、やっぱり好感度が下がってしまいます。
ファッションお店には様々な魅力的なアイテムが並んでいますが、それらの多くよりもオーソドックスなアイテムを選んだほうが女性好感度は高くなります。
少し寂しい気もしますが、逆に大人っぽいコーデは高校生や大学生が着ると好感度が下がります。
大人コーデを存分に楽しんでやりましょう!

パーカーの他にも、ボーダー柄もシャツの前開けもカジュアル感を増すテクニック。
それぞれ使うときには、例えばカッチリしたセットアップコーデにボーダー柄を取り入れたり、全部無地で白黒モノトーンコーデでシャツの前開けをする等、かなりドレス寄りに寄せつつ少しだけカジュアル要素を取り入れるようにしましょう。

POINT2.無理にトレンドを追わなくて大丈夫

無理にトレンドを追う必要はありません。
程度にもよるけど、30代はトレンドをあまり取り入れないほうが女性好感度調査で良い成績を取ることが多いです。

特に、最近のビッグシルエットでは、トップスはまだしもボトムスは細いものを選びましょう。
少しさみしくなる気もするけど、大人なコーデが映えてくる楽しみもあるし、チョコッと上手に取り入れるなら女子ウケを損ねないので節度を持って工夫する方針で!
洋服を楽しむことも素敵なことなので、トレンドとうまく付き合いたいものです。

他の調査やファッションで言われる基本のポイント

POINT3.細めの黒パンは持ってく

今回はD-Collection様の画像を使っていますが、細めの黒パン率が多いですね。
実際、細めの黒パンはとてもおすすめ。

30代なら、細めの黒テーパードパンツは持っておくと楽。迷ったらコレ、ができます。

  • 有彩色(白灰黒以外)が増えないので統一感を出しやすい
  • 足が細く見えやすい
  • パンツを細めにすると、スッキリした垢抜けた印象になりやすい

代表的な細めのパンツには、細めのテーパードパンツスキニーパンツがあります。

スキニーパンツはおなじみのピッチリ寄りな細身のパンツ。

テーパードパンツは、足先に行くに従って細くなっているパンツ。
太めのテーパードもありますが、細めがオススメ。
テーパードは太もものあたりはある程度太さがあるので、スキニーがきつめな人は試してみましょう。

ちなみに好感度ですが、30代ならテーパードを選んでおくのが吉。

関連記事

スキニーからワイドまでのパンツ、男性の年齢ごとに女性好感度の高い太さを調査しました。

30代男性向け、女子ウケが良い秋コーデ実例

「35歳社会人男性が着たら」部門の調査結果をもとに女性好感度が高いコーデを集めています。
基本的に大人っぽいコーデをしておけば問題ないです。
ジャケットを羽織ったり、キレイめなシャツコーデをしたり・・・。
ただ、もちろんTPOには気をつけましょう。
山登りやキャンプなどのアウトドアシーンでは話は変わってきますし、逆に夜のちょいと良さげなレストランでもデニムが浮く場面が出てきます。TPOについてはまた別途考えるようにしましょうね。

この記事について

この記事の画像は、Dcollection様からお借りしております。

>オンライン動画でプログラミング・動画編集を学べる「Udemy」で、自宅待機期間にこっそりスキルアップしてみませんか?

オンライン動画でプログラミング・動画編集を学べる「Udemy」で、自宅待機期間にこっそりスキルアップしてみませんか?