【2020年】男子高校生にオススメのリュックサック(デイパック)ブランド別まとめ

100名以上の女性に対して行ったバッグ高感度アンケート調査を元に、高校生にオススメのリュックサックのまとめです。
 
先に、軽く選ぶポイントを解説します。

5つの選ぶポイント

1.通学用なら抑え目、休日用なら差し色もGOOD

学校に背負っていく場合、目立つつもりがないのであればデザインは周りから浮かないようにしましょう。
個人の感覚や学校によって変わってくるので、適宜調整してください。

女性アンケート調査の結果では、「10代のリュックサックでは差し色系のバッグも比較的受け入れられる」という調査結果が出ています。

(表1)『14色+レザー素材』という選択肢の中から、『特に好感度の高いデイパックの色』を女性100名に複数選択で選んでもらった結果

1位 55%
2位 45%
3位 40%
4位 31%
5位 水色 26%
6位 明るい緑 25%
7位 22%
7位 深緑 22%
9位 20%
10位 19%
10位 灰色 19%
12位 18%
13位 ベージュ 15%
13位 レザー素材 15%
15位 ピンク 12%

ちなみに、この調査は20代・30代の女性を中心に回答してもらっているので、少し10代女性の感覚とはズレているかもしれません。

2.年上のお姉さん的にはカジュアル感&可愛げあるデザインがGOOD

女性アンケート調査の結果では、カジュアル感があったり可愛げがあるデザインが優秀という調査結果が出ています。
逆にサラリーマンが背負うようなリュックサックは好感度が低いという結果が出ています。

下手に大人びたバッグを選ばずに、少しカジュアルだったりアウトドア感のあるアイテムの方が年齢的に似合うはずです。

3.バッグの価格は女性側は気にしていない!安くても女性好感度は落ちない

「5,000円以下でも問題ない」という女性が過半数です。
高校生のお財布事情は女性側も把握しており、無理をする必要はないでしょう。
 
(表2)女性100名に、「10代男性のバッグ適正価格」について調査をした結果

 
しかし、5,000円の予算だとかなり選べる幅が少なくなります。
リュックサックのブランドによっては1万円を超えるものも多いです。
 
自身のお金の余裕とリュックサックへのこだわりに合わせて調整しましょう。
1万円強あると、かなり選べます。

4.お弁当、教科書、スポーツシューズ、バッグの大きさに注意

大量の教科書や部活動の道具、お弁当箱などを入れる場合には大きめのリュックサックを選ぶ必要があります。
逆に、必要以上に大きなサイズを選んでしまうと、リュックがヘコんでかっこ悪くなってしまいます。
 
できるだけ実物を見て、実際にモノを入れてみて決めましょう。
なぜなら、バッグの容量表示(例:20L)は各社あいまいで目安程度だからです。
 
オススメの方法が、Amazon Primeの試着サービスです。
このあと紹介します。

5.自分の体の大きさによって、似合う大きさがある

大きい体の人がコンパクトなリュックを背負うと一気にダサくなります。
逆に、体の小さい人が大きなバックパックを背負っても子供っぽくなってしまいます。

リュックサックのサイズで似合う/似合わないがあるので、できれば自分で背負って確認したいところ。
この点でも、次に紹介するAmazon PrimePrime Wardrobeをおすすめする理由となっています。

Amazon Primeで、「6個まで・タダで・自宅で試す」のがオススメ

Amazon Prime会員であれば、Prime Wardrobeで対象商品を6個まで無料で家で試着できます。

すでに説明したとおり、バッグの用途と体の大きさにより選ぶべきリュックの大きさが変わるため、実際の大きさを確認するために直接手に取るのが理想です。
しかし、品揃えの良いオンラインだと実際に試せないし、実店舗だとブランドをまたいで気になる商品を見て回るのは疲れます。

そこで、Prime Wardrobeを使うとこうなります。

中にモノを入れてみることもでき、実際に背負うこともできます。
ブランドをまたいで6個試すと、かなりのことがわかります。
ブランドごとの良し悪しや向き不向き、背負やすさの差も結構面白いです。
 
メリットは3点。

  • 店頭で試すよりも気楽に深く試せる
  • 店舗を回るよりも楽
  • 店舗よりも安く買える場合が多い

特に、実際に使う教科書やお弁当箱を収納した上で背負うことが出来るのはアツい。

デメリットは2点。

  • Amazon Primeの無料期間が終わるとAmazon Prime代がかかる
  • Prime Wardrobeに対応していない商品も多い

料金については年4.900円(2020年5月現在)ですが、普段Amazon Primeを使わないなら無料期間で解約しましょう。無料期間で解約が可能です。

対象商品は一部ですが、それでもかなりの数があります。
Prime Wardrobeで頼めるリュックサックの検索結果(amazon)

 
サイズ・実際のデザイン・つかいやすさ・作りの丁寧さ・背負いやすさなど、実際に触るとわかることがたくさんあります。
リュックサックは高い買い物になるので、無料で上手に色々試してみましょう。
 
Prime Wardrobeを始めるための、AmazonPrimeの公式詳細はこちら
 
 

ブランド別、高校生にオススメのリュックサック

CHUMS


CHUMSは1983年にアメリカで始まったアウトドアブランド。
柔らかい雰囲気のカジュアルなデザインが人気のブランドです。

可愛らしいロゴの鳥はブービーバードと呼ばれているカツオ鳥で、可愛らしいロゴマークはCHUMSのシンボルになっています。
ペンギンではなくてカツオドリなんですね。

日本では、そのカジュアルなデザインから特に若者の間で人気。
山や川でというよりも、タウンユースで多く見かけるブランドです。
しかし、アウトドアブランドなので耐久性や使いやすさもバッチリ!


amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格を確認する
実際に触ってみたレビュー

  • メンズバッグ適正価格に近い(定価:8,690円)
  • 女性アンケート調査で人気だったアイテム
  • スウェット生地でユニセックスなカワイイ感のあるアイテム
  • 部活用具や大量の教科書は厳しいかも

 
 


amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • 価格が少し高め(定価:10,780円)
  • 使いやすいシンプルなデザインのバッグ
  • 外ポケットを取り外し、サコッシュとして利用可能
  • 部活用具や大量の教科書は厳しいかも

 
 

amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • 価格が少し高め(定価:11,880円)
  • 使いやすいシンプルなデザイン
  • 荷物も結構入る大きめサイズ(公式容量:29L)

Outdoor Products


OUTDOOR PRODUCTSは、アメリカ生まれのアウトドアブランドです。
1960年代に、その前身となるストアをロサンゼルスにオープンしました。

『リーズナブルな値段でしっかりとした品質のシンプルな商品』という言葉通り、のアイテムを生産しており、
そのコストパフォーマンスの高さから、今日では非常にポピュラーなブランドに成長しました。
電車でOUTDOORのロゴがついたリュックサックを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

その価格と明るいカラーバリエーションから、比較的若い層に人気です。


amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • シンプルで使いやすいデザイン
  • メンズバッグ適正価格に近い(定価:6,380円)
  • 部活用具や大量の教科書は厳しいかも(容量:17L)

 
 

amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • メンズバッグ適正価格に近い(参考価格:6,490円)
  • デイパックデザイン調査で1位のアイテム
  • 通学でも使えるサイズ(容量:22L)

 
 

JanSport

10代で人気のブランド。
アメリカ・シアトル発のアウトドアブランドで、1967年に創立しました。
ギリギリ範囲内の価格設定、普段遣いにちょうどよい大きさ、豊富な色/柄のバリエーション、と学生向けとして人気の理由もよくわかります。


amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • 価格が少し高め(定価:11,000円)
  • JanSportで人気の定番
  • 通学でも使えるサイズ(公式容量:31L)
  • お店によって価格差が激しい為、ネットで安い場所を探すべき

 
 

amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • メンズバッグ適正価格に近い(定価:5,500円)
  • JanSportで人気の定番
  • 通学でも使えるサイズ(公式容量:25L)

 
 

nixon

アメリカ発のスポーツギアブランド。
スノボー、スケボー、サーフの3Sスポーツに焦点を当てた頑丈なギアに強みを持っています。

素直にカッコイイ黒のデザインが得意で、価格もバカ高く無いアイテムが多いのが嬉しいです。
機能性も高い物が多く、触っていて楽しいブランドです。


amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • メンズバッグ適正価格に近い(参考価格:7,480円)
  • 2017年モデルで、nixonにしては柔らかいデザイン
  • 部活用具や大量の教科書は厳しいかも(参考容量:20L)

 
 

amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • 価格が少し高め(定価:11,000円)
  • 使いやすいシンプルなデザイン
  • 通学でも使えるサイズ(参考容量:25L)

 
 


amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • メンズバッグ適正価格に近い(定価:9,900円)
  • シンプルながら男性らしいデザイン
  • 部活用具や大量の教科書は厳しいかも(参考容量:21L)

 
 

amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • 価格が少し高め(定価:11,000円)
  • シンプルながら男性らしいデザイン
  • 通学でも使えるサイズ(参考容量:33L)

 
 

Ben Devis

アメリカのカリフォルニア発のブランドで、1935年に始まった歴史あるブランドです。
もともとは建築作業員向けのワークウェアを作っていました。
ストリート系のアイテムに強みを持っていて、アメリカ西海岸のラッパー、特にメキシコ系やヒスパニック系の間で人気があるブランドです。

ゴリラマークが特徴的で、バッグだろうとなんだろうととりあえずついています。
オシャレですが、インパクト強めなので好き嫌いは分かれますね。

昨今の日本では若い世代に男女を問わず人気で、ben devisのリュックを背負った女子高生も頻繁に見かけます。
リュックとしては価格も安いものが多く、高校生向けバッグとしてポピュラーなブランドです。
日本では、女性向けにも力を入れているため女性認知度もかなり高いです。


amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • メンズバッグ適正価格に近い(参考価格:7,480円)
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 通学でも使えるサイズ(参考容量:30L)

 
 

amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • メンズバッグ適正価格に近い(参考価格:7,590円)
  • シンプルながら男性らしいデザイン
  • 通学でも使えるサイズ(参考容量:30L)

 
 

Coleman


アメリカのオクラホマ州で始まったブランド。
キャンプ用品のブランドで、キャンプに使うバーナーストーブやランタンが代表アイテムです。
1900年ごろに創立した長い歴史を持っています。

バッグについてはⅠ万円以下の手頃な価格帯でシンプルでコスパの高い商品が売り。
Amazonのレビューも軒並み高評価です。

もともとキャンプ用ランプで高い信頼を得て大きくなったブランドなので、バッグ領域でも丁寧なものづくりをしているのかもしれません。


amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • メンズバッグ適正価格に近い(参考価格:6,480円)
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 通学でも使えるサイズ(公式容量:25L)

 
 

amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • メンズバッグ適正価格に近い(参考価格:7,480円)
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 通学でも使えるサイズ(公式容量:33L)

 
 

fredrik packers

2007年に始まった日本のブランド。
日本製にこだわっており、「ちょっとこだわりのあるバッグがほしいな」という層に人気です。
ブランドとして「自転車向けのバッグ」を掲げているため、頑丈で信頼の置ける素材を使っています。

1万円を超えるので、高校生向けとしてはちょっと高めな価格帯になってしまいますが、オシャレ感があり使いやすいシンプルなデザインなので頑張っても良いと思います。
同じ価格帯だとThe North FaceやGregoryなどが挙がりますが、それらよりもアウトドア感が小さく(=機能性が少なく)都会的なアイテムがほしい!という場合に選ぶと幸せだと思います。


amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • 価格が少し高め(定価:12,980円)
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 部活用具や大量の教科書は厳しいかも(参考容量:17L)

 
 

amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

  • 価格が少し高め(定価:14,052円)
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 部活用具や大量の教科書は厳しいかも(公式容量:17L)

 
 

>オンライン動画でプログラミング・動画編集を学べる「Udemy」で、自宅待機期間にこっそりスキルアップしてみませんか?

オンライン動画でプログラミング・動画編集を学べる「Udemy」で、自宅待機期間にこっそりスキルアップしてみませんか?