個別アイテムレビュー

Schick メンズ ボディ用 ヘアトリマーですね毛を剃ったレビュー

ひげそりでお馴染みSchickのすきカミソリを実際に試してみたレビューです。

私の足やすね毛画像が沢山ありますので、注意してご観覧ください。
ちなみに、マジックペンでスネが汚れていますが、他の会社のすきカミソリも同時に試すためのマークです。

レビュー商品の価格は以下から確認できます。
Amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

結論

"すく"という操作は結構上手にできるけど、ムラになりやすい。
慣れが必要なので、数ヶ月前から研究されたし。
直前ならギャツビーや貝印の方がいいんじゃないかなって思う。

レビュー

簡単なマニュアル、そしてカバーもついています。

簡単なカバーですが、なんだかしっかりしている感がUPします。

左が直前に試したギャツビーのボディヘアトリマー、右が今回のSchickです。
かなり似ていますが、Schickは「片側がすきカミソリ、もう片側が長さ調節カミソリ」となっています。
ギャツビーは「両側が効果が違うすきカミソリ」です。

すき刃の作りが他社製品とは違い、くぼみで保護しています。
長さ調節刃の方は、正直「短くね?」と思いました。そしてその予想はそのとおりになります。

合計で3種類試しますので区切りました。
左足の足先側で剃ってみます。

さて剃る

剃った

毛は結構散っていたりするが、正直あまり違いがわからない。

ということで、1列のみを3回くらいやってみた。
薄くはなっているが、長い毛は長いままなので正直もさっとしてはいる。

面倒になったので、試しに「長さ調節刃」の方を試してみる。
やりすぎ感。

長さ調節というか、「ツルツルに剃って1週間放置しました」みたいになった。

次の列(真ん中)でもう一度チャレンジします。

すき刃で5回くらい剃った結果がこれ。
ある程度イイ感じではあるが、ちょっとムラがある。
上手に調節しながらやる必要がありそう。

長さ調節刃に未練があったのでもう少し試してみた。
説明書に「刃を寝かせると短く、立たせると長く切れるよ!」とあったので試してみます。
こんな感じで寝かせてみたり

長く残したいなら立たせてみたり

その結果がこれ。
長さはあまり変わらず、「少し長く調節しよう」と思ってもできない仕様みたい。
正直、このカミソリの調節刃は残念だと思いました。
私の理想は、「長さを調節⇒すいて量を減らす」でしたが、ちょうどよい長さに切りそろえることはできそうにありません。

そして色々試しましたが、私のすね毛処理のためには「すき刃」を寝かせて2回剃るのが一番良いと発見しました。

ただ、少しムラができるので、そこからまた調節が必要です。
結構神経のいる作業というか、慣れやコツが必要だと思います。

コツとおわりに

  • すき刃で攻める。長さ調節刃は忘れる。
  • 刃の角度で切れる量がかなり変わる
  • 毎回切れた毛を足から取り除き、正しい現状把握をする

    毛が残って「まだ全然だな」と誤認しがち。

  • 全体を同時に進める

    足並み合わせないと、あとで調整するのに苦労する。

長さ調節刃が少し残念だったものの、「すく」という機能についてはギャツビーよりも性能は上だったと感じました。
「性能が上」というのは「長いものは残したまま、一部を短くする」ということ。
ギャツビーは全体を短く切りそろえる感じがあるんですよね。
ただ、「だからSchickがいい!」というわけではなく、好き好きなのかなぁと思いました。

僕は、「長さ調節刃」がもう少し機能してくれたらこっち使うけど、機能しないのが悔しいからギャツビーか貝印使うわ、と思いました。

なんだかんだ結構文句を書きましたが、安いので試してみても面白いです。
価格は以下から確認できます。
Amazonで価格と詳細を確認する
楽天で価格と詳細を確認する

-個別アイテムレビュー

Copyright© モテちゃん , 2019 All Rights Reserved.