【女性ライターが教える!】マッチングアプリで会えない理由とその対策

「マッチングアプリを始めてみたけど、女性と出会えない……」「そもそもマッチしない……」と悩んでいませんか?
あなたのマッチングアプリでのプロフィールやメッセージのやり取りに女性と出会えない原因が潜んでいるかもしれません。
今回は、マッチングアプリを始めたばかり、女性と会うまでに至らない理由とその対策を女性視点でお教えします!
自分の行動をチェックしながら、実際に気になる女性と会えるように【どんな風にマッチングアプリで振る舞うか】をみなさんに伝授します。

目次

マッチングアプリは女性優位だと知ること!

マッチングアプリは女性は無料で利用できることが多いですが、男性は有料である場合がほとんどです。
また、カワイイ女性は日常での恋愛市場以上に入れ食い状態で、女性は容姿に関わらずたくさんの男性からイイネや足あと・メッセージなどがきている状況です。

つまり男性はマッチングアプリで気になる女性とお近づきになるには競争率が高いことを知っておきましょう。

女性は多くの男性からイイネがきているので、よほど時間があるか律義な人以外は全員にイイネや返信を送りません。
たくさんのメッセージの中で「この人には返さないでいいや」と女性から思われている理由があります。
「この人には返さないでいいや」から「この人には返信してみようかな」と思われる男性へカテゴライズされるためにどうすれば良いか、原因と対策をこれからお教えします。

 

パターン別!マッチングアプリで女性から返信がこない理由

マッチングアプリで女性から返信がこないのには、いくつか理由があります。
ここからはパターン別にその原因を説明していくので、自分に当てはまっていないか、思い当たる節はないかを確認しながら読んでいってください。

1.そもそもマッチしないパターン

マッチングアプリを始めてみたものの、ほとんどマッチしない場合、マッチの判断材料になる「プロフィール画像」「自己紹介文」「情報欄」に原因があると考えられます。
チェックポイントをもとに1つずつ見ていきましょう。

①プロフィール写真

💔女性からの印象が良くないプロフィール写真例
(例1)そもそも誰か分からない
   →大人数で写っていて、あなたが誰だか分からない写真はプロフィール写真とは言えません。
(例2)スタンプや加工でものすごく盛っている
   →フィルターでごりごりに加工していたり、スタンプで口や目など一部を隠していたりすると少し引いてしまいます。
(例3)高級外車や超高層マンションからの景色と一緒の自分の写真
   →エセお金持ちアピールに見えてしまうし、プライドが高そうと取っつきにくい印象を与えてしまいます。
(例4)上半身裸や下着姿などの際どい写真
   →自慢の肉体を披露したいのかもしれませんが、どうしてもチャラチャラしたイメージを抱いてしまいます。
(例5)髪をきちんとセットしていない
   →髪型がセットされていないと、普段からこの髪型で出歩いているのかな、とだらしなく感じてしまいます。

自分は上記に当てはまっていませんか?
改善するために、以下で女性からの印象が良いプロフィール写真例をお教えします!ぜひ参考にしてみてください。

  • 友人とフットサルをしていて、笑顔の写真を自分の部分だけ切り取ったもの
  • 普段の服装や体形が分かるような全身の写真
  • 趣味や好きなものと一緒に写っている写真。
    例:スポーツ観戦中やライブ前後の写真、本やカフェでの写真など

②自己紹介文

💔女性からの印象が良くない自己紹介文例
(例1)意味が分からないポエム調の文章
   →自己紹介なのに「本当の自分を探して、人生という航海の途中。一緒に旅してくれる人を探しています。」などあなたの人柄が全く分からないものはNG!(そういう詩的な感性を素敵!と感じてくれる女性も0ではありませんが、割合は低いでしょう)
(例2)読む気が失せるくらい長い自己紹介文
   →生い立ちから小中高大学とそれぞれエピソードを交え、何回スクロールしても読み切れないくらい長い自分語りは正直読まないし、イイネを押す気もなくなってしまいます。
(例3)シンプル過ぎる自己紹介文
   →長すぎるのもNGですが、短すぎるのもNG!例:お酒好きです(だけ)/美味しいもの食べるのが好きです(だけ)/お笑いが好きです(だけ)など。一言ではあなたのことは伝わらないです。
(例4)自慢話ばかりの自己紹介文
   →国体出場、TOEIC990点、何かのコンテストで入賞・優勝、偏差値の高い学校出身を強調、有名企業に勤めていることをアピールなど。全て事実だったとしても、全てをプロフィールに載せるのは高慢な印象を受けます。(もちろん、それが好き!という女性もいないことはありませんが、割合は高くないでしょう)
(例5)ヤリたいだけに思われてしまいそうな自己紹介文
   →「気楽に遊べる人と仲良くなりたい」「失恋したばかりで傷心中、誰か慰めてほしい」など、もしかすると遊びたいだけでは?と思われてしまう文章は避けた方が良いでしょう。

心当たりはありませんでしたか?
女性からの印象が良い自己紹介文例を以下でお教えします!参考にしながらプロフィール文を考えてみましょう。

  • 趣味や好みが具体的に書いてある。
    例:「お笑い好きで特に好きな芸人さんは〇〇です。お笑いライブに月1,2回行きます。」「アクション映画が好きで、今は××を観に行きたいと思っています。」など
  • 箇条書きで好きなものをたくさん載せている。
    趣味を詳しく述べなくても、数を多く載せる場合は箇条書きだと読みやすいですし、色々な趣味の人に気になってもらえる可能性が広がります。
  • 他の人とは違う特徴を載せる!
    例:「舞台に出ています」「DTMしてます」「身長四捨五入したら2mです」などちょっと笑えるようなものでもOK!

③プロフィール情報(身長、学歴、等の詳細な任意入力の情報)

プロフィール情報は自由に記載できる欄と最初から項目が決まっていてそこに入力する欄の2つがあると思います。
プロフィール情報(学歴、出身地、職業など)を偽るのは、女性と真面目に出会いたいと考えているなら絶対にやめてください!
嘘を書き込むくらいなら空欄の方がマシです。

例えば、

  • 年収など自信がなく知られたくない場合は、少し幅を持たせて大まかに書く
  • 現在住んでいるところを市区町村レベルで明かしたくなければ、都道府県レベルにする
  • 学歴に自信がなければ出身校名を明かさなくても、大卒・高卒・高認(=大検)取得などに変える

など、情報の精度を低くしてプロフィール欄に記入しましょう。

空欄にする項目はなるべくない方が良いです。
詳細なプロフィール情報が分かれば、相手にさらに自分のことを興味を持ってもらえる可能性が広がりますし、現在住んでいる場所を空欄にすると、仲良くなってから遠距離恋愛になりそうだと判明することもあります。
ミスマッチを避け、よりタイプが合いそうな人とマッチするためにも、正直に記載しましょう。

身長はちょっと盛ってもOK?!


  • 165cmを175cmなど10cmも上に盛るのはNGですが、1,2cm(MAXでも3cm)盛るのはセーフです。
    170cm以上とフィルターをかけている女性もいたりするので、ほんの2,3cm足りない時など有効です。

2.メッセージがこない、続かないパターン

気になる女性とマッチできたら、次はメッセージのやり取りを通じて女性との距離を縮めていきたいですよね。
これを読んでいる人の中には「ほぼ初対面の人にどんなメッセージを送ればいいか分からない」「最初になんて送ろう?」「マッチはしたもののメッセージが続かない」など悩んでいる人も多いかもしれません。

ここからは、なぜメッセージが返ってこないのか、または続かないのかその原因を解明していき、どうすればマッチした女性とメッセージを楽しく続けられるのか、そのポイントをみなさんにお教えします。

①マッチングして終わりになっている

前提として、女性の方がたくさんマッチングしています。
そのため女性側がよっぽどあなたのことが気になった場合を除いて、あなた自身からからメッセージを送る必要があります。
マッチしただけで満足するのではなく、マッチしてからがスタートです!
相手の女性からメッセージが来るのを待つのは止めて、必ず自分からメッセージを送るようにしましょう。

②最初に声をかける文章が良くない

メッセージを送っても、返信がないこともあります。
それはあなたの最初の声掛け(メッセージ)が微妙だと考えられます。
女性は多くの男性とマッチしているので、送られてくるメッセージの数も多いです。
「こんばんは、マッチありがとうございます」「初めまして。マッチ嬉しいです。これからよろしくお願いします。」などありきたりで短すぎるメッセージだと女性は返信する気が起きません。
数多くのメッセージの中から女性が返信したくなるようなメッセージを送ることがコツです。

  • 「初めまして。旅行好きで趣味が合いそうだと思ったのでマッチして嬉しいです。僕も〇〇に行きました!最近、旅行して良かった場所ありますか?次の旅行先を悩んでいてオススメあればぜひ教えてほしいです。」
      →趣味など共通点があることをアピールしつつ、相手がYES/NO以外で返信したくなるよな質問をしましょう。
  • 「こんにちは。マッチありがとうございます。載せていたコーヒーの写真ってもしかして△△のですか?あそこのカフェいいですよね。カフェ良く行かれるんですか?」
      →プロフィール写真もしっかり見ていることをアピール◎知っているお店や場所なら自分もそこが好きだと、相手と趣味が合いそうなことも伝えてみましょう。
  • 「マッチありがとうございます。プロフィールを読んで素敵な方だなと思ったのでマッチして嬉しいです。最近××を始めようと思っているのですが、良ければ〇〇さんのオススメ教えてください。」
      →素敵と褒められて嫌な気がする人は少ないです。容姿でもファッションでもセンスでも素敵なところを1つ具体的に伝えると好印象◎また、メッセージの中に相手の名前を入れると距離を縮めやすくなります。

3.返信のタイミング・ペースが合わない

マッチしてメッセージにも返信がきたけれど、関係がなかなか進展しない場合は返信のタイミングやペースが相手と合っていないことが考えられます。
お互い仕事の都合や、マッチングアプリを開く頻度や通知をオンにしているかどうかなどによって、メッセージの頻度は変わってきます。
自分はもっとたくさんメッセージをやり取りしたいのに!またはもっとのんびりメッセージをやり取りしたい!どちらの場合でも、基本は相手の女性に合わせるようにしましょう。

マッチングアプリでは女性が優位、ということを忘れないでください。
女性に少しでも違うな、微妙だなと思われてしまうと、他の男性へ気持ちが傾いてしまいます。

気になる女性と距離を縮めるためには、自分のペースより相手のペースを尊重し、合わせることで、相手の女性に「この人とは気が合いそう」と感じてもらうことが重要だからです。

メッセージのやり取りが出来たら次に実際に女性と会うためにすること

「この人には返信してみようかな」と女性から思われるには、他の男性と差別化することはもちろん、相手に興味を持ってもらいやすいプロフィールにすること、思わず返信したくなるようなメッセージを送ることが重要だと分かりましたね。

このステップをクリアしたら、次は女性と実際に会うために取るべき行動をお教えします。

「メッセージのやり取りまでは上手くいくのに会う約束がなかなか出来ない」「会おうと誘うと、いつも断られてしまう」と頭を抱えている男性に、その理由を確認しながら対策方法を紹介します。
自分がなぜ女性から断られるのか原因が分かれば、OKの返事をもらうにはどうすれば良いかも分かってきます。

 

パターン別!マッチングアプリで女性と出会えない理由

マッチングアプリで女性と出会えないのには、いくつか理由があります。
パターン別にその原因を説明していくので、自分が当てはまっていないか、思い当たる節はないかを確認しながら読んでいってください。

1.マッチして仲良くなる前にすぐに次の段階へ進もうとするパターン

もしかしてマッチして相手の女性と仲良くなる前にすぐに会おうとしていませんか?
お互いの気持ちが高ぶり、本当に性格が合って意気投合している場合を除き、距離が縮まる前に会おうとしてもOKの返事をしてくれる女性は多くありません。

距離を縮めるのに必ずしも長い時間をかける必要はありませんが、女性に「この人なら会ってみてもいいかも」「実際に会って喋ってみたいな」と思われるくらいに仲良くなって、信頼関係を築くことを心がけましょう。

①すぐにLINEを交換したがる

マッチングアプリ上のメッセージのやり取りからすぐにLINEを交換しようとするのはNGです。
LINEはプライベートな連絡先だと認識している女性は多いので、まだ様子見の段階でLINEの交換を持ちかけられると不信感を抱いてしまいます。
どうしてもLINEをしたい場合は、自分のIDを教えるだけに留めましょう。
その時は「交換してもいいなと思ったらこれに連絡ください」など相手を気遣う一言も添えましょう。

②メッセージのやり取り数往復ですぐに会う約束をする

何通かのやり取りで会う約束をしようとするのもNGです。
女性が「会ってみてもいいかも」と思ってもらえるように、メッセージを通して心理的距離を縮めていくのが先決です。
マッチングアプリ上の情報だけなので、もしかすると嘘をついているかもしれないと女性は慎重に男性を見極めています。
自己開示を積極的に行い、女性に安心してもらうこと、信頼関係を築いた上で会う約束をしましょう。

  • マッチングアプリ上のメッセージ機能で、お互いに仲良くなることが大切!LINEやInstagramなどは女性側が交換したいと言ってくるのを待つのが吉
  • 女性から興味を持ってもらうために、その人の趣味や関心のあることに自分も寄っていく
  • 「実際に会ってみたい」と思われるように誠実にメッセージを返すことが大切。嘘はつかず、相手の女性と共通点が多い、仲良くなりたい・なれそうと思ってもらえるよう趣味の幅を広げる

2.メッセージをやり取りはあるのに会えないパターン

メッセージはそれなりに続くのに会うには至らないというパターンもあるでしょう。
その場合、大きく分けて3つの理由が考えられます。
それぞれの原因と対処方法を詳しくみていきましょう。

①やり取りの内容に問題がある

💔女性からの印象が良くないメッセージのやり取り内容例
(例1)「今日は映画を観て、帰りにラーメン食べたよ」などの謎の報告・日記
   →Twitterやインスタにでも書いておいてください……近況報告だけされても「だからなに?」と思ってしまいます。
(例2)「最近関わってるプロジェクトの進行が遅れてて忙しい」「上司が仕事できない人で、やりにくい」など仕事の愚痴
   →親しくない人の愚痴を聞かされるのはしんどいものです。しかも毎回メッセージが仕事の愚痴だと段々返す気もなくなってきます。
(例3)「最近寂しくて夜眠れないんだ」「この間、友達からいじられて凹んで」などのネガティブメッセージ
   →マッチした女性は無料のカウンセリングではありません。常にネガティブなメッセージばかり送られると嫌気がさしてしまいます。
(例4)「俺は何が好き」「俺は何をして」「俺は……」と常に自分語り
   →女性の話は全く聞かずに、常に自分のことばかり話していると、実際に会った時も自分語りされそうと会う気もなくなってしまいます。
(例5)「だけど」「でも」など女性のメッセージに対してなんでも否定から入る
   →話を振っても、最初に否定されてしまうともうこれ以上はこの人と話すのはやめようと思われてしまいます。

  • 「気が合うな」と思ってもらえるように相手の女性が興味のある話題を振ろう!
  • やり取りを習慣化させよう!(例:朝おはよう、夜にはおやすみメッセージを送る、仕事終わりにお疲れ様メッセージを送るなど相手の女性の日常に入り込むのがポイント)
  • 絵文字や記号、スタンプなど相手の女性の雰囲気に合わせよう!

②デートの誘い方に問題がある

💔女性からの印象が良くないデートの誘い方例
(例1)「今度一緒に泊まりで遊び行こう」「終電を逃しちゃって今〇〇にいるんだけど、今から会えない?」など下心丸出し
   →まだ会ったこともないのにこういうメッセージがくると体目当てだと感じ、今後も会う気は起らない可能性が高いです。
(例2)こちらが断っているのに執拗に何度も会おうと誘ってくる
   →まだ女性がデートしたい気持ちになっていないのに何度も執拗に誘われると良い印象もなくなってしまいます。
(例3)「どこか行こう」「(前日の深夜に突然)明日暇?」など雑に誘う
   →女性の都合を考えず、雑な誘い方をするのもNGです。相手に大事にされていないと感じるとわざわざ会おうとは思えません。
(例4)「どこでもいいよ」「なんでもいいよ」と相手に丸投げ
   →女性が行きたいところ・したいことを尊重しているつもりなのかもしれませんが、相手に任せすぎで女性から本当は会いたいと思っていないのでは?と疑われてしまいます。
(例5)温泉・プール・・漫画喫茶・遊園地など、初対面ではちょっと……というデートに誘う
   →初めて会う時にいきなり半日以上の遠出や密室空間などのデートだと、気まずかった時のリスクが高いので女性はOKしにくいです。

  • 「前、言っていた〇〇に行かない?」
    以前二人で盛り上がったものを理由にしてみましょう。大義名分があれば女性も気軽に会いやすいです。
  • 「(お互いが好きなバンドの)ライブのチケットが取れたからもしよければ〇〇さんと一緒に行きたいなと思って」
    マッチした女性と一緒に行きたい気持ちを伝えると好意も相手に感じてもらいやすいです。
  • 「一度会って、話してみたいなと思うんだけど、今度ご飯に行かない?」
    ストレートに会いたいという気持ちを伝えてみましょう。

③相手がサクラ(会うつもりがなく、メッセージのやり取り自体が目的)

女性とマッチしても会えない場合、男性側ではなく女性側に問題があることもあります。
たとえば相手の女性がサクラだったり、暇つぶしで実際に恋愛する気はなくマッチングアプリをしている場合です。
この場合は女性は最初から会うつもりはなく、単にメッセージのやり取り自体を目的にしているので、時間をかけて仲良くなったのに誘うと毎回うまくかわされてしまう時は大人しく諦めて、違う女性とマッチすることを目指しましょう。

3.マッチングアプリのチョイスが悪いパターン

それでも女性と出会えない時はマッチングアプリのチョイス自体が悪いパターンが考えられます。
今は様々なマッチングアプリがありますが、あなたは自分に合ったアプリを選ぶことが出来ていますか?
それぞれのアプリによって、利用ユーザーの層やタイプは千差万別です。
自分が使っているアプリを今一度確かめてみましょう。

①そもそもユーザが少ないアプリを選んでいる

マッチングアプリは本当にたくさんありますが、ユーザーが少ないあまり有名でないアプリを選んでいませんか?
マッチングアプリでは母数が多ければ多いほど、出会える確率も上がってきます。

誰か知っている人にマッチングアプリを利用しているのがバレるのは恥ずかしい……という恥は捨て、大手のアプリを利用してみましょう。

②女の子から「体目当て」の人が多いとされるアプリを選んでいる

マッチングアプリの中ではデーティングアプリという種類のものもあります。
デーティングアプリの場合は男性も利用料が掛らずメッセージのやり取りをすることが出来るのでお財布には優しいのですが、一部体目当ての人たちが多いことも挙げられます。

女性も男性も体目当てのライトな関係を望んでいる利用者が多いイメージのアプリでは、自分もそう見られてしまう可能性が高いです。
真剣に恋愛をしたい場合は、恋活など恋愛に特化したアプリを選びましょう。

③タダ飯・パパ活目当ての女の子が多いアプリを選んでいる

今ではパパ活アプリと呼ばれるようなマッチングアプリもあります。
男性側の利用者登録の申請基準がかなり厳しい(年収・職業・学歴など)アプリは、そういったステータスに釣られたタダ飯・パパ活を目的にした女性も多くなってきます。
実際に会って、恋愛をしようと考えるなら、同世代の多い大手の恋愛マッチングを謳っているアプリを利用してみましょう。

マッチングアプリで女性と出会うには「この人と会ってみたい!」と思われることが重要

あなたのプロフィールやメッセージのやり取りに女性と出会えない原因は見つかったでしょうか?
マッチングアプリは女性が圧倒的に優位だということを忘れずに、たくさんの競争相手の男性の中から「この人とは気が合いそう」「会って話してみたい」と女性から思ってもらうことを目標にしましょう。
そのためには相手の女性の趣味や興味を知って、自分もそこに寄せていく・誠実なメッセージのやり取りで信頼関係を構築する・相性が良いと思ってもらえるようにメッセージの頻度を相手に近付けるなどのポイントに気を付けてみてください。
自分のプロフィールを充実させ、素敵な女性とマッチングし実際にデートできることを祈っています!

>オンライン動画でプログラミング・動画編集を学べる「Udemy」で、自宅待機期間にこっそりスキルアップしてみませんか?

オンライン動画でプログラミング・動画編集を学べる「Udemy」で、自宅待機期間にこっそりスキルアップしてみませんか?

CTR IMG